11-(4)-①-a-(a) 松島『雄島』

松島のルーツとも言うべき「雄島」。この島は、とても奥深い魅力を放っています。

ここでは、次の3つのテーマに沿って紹介していきます。

 

  <紹介内容>

  1 霊場『雄島』

  2 歌枕『雄島』

  3   餐霞亭主墓碑 さんかていしゅぼひ

​▲渡月橋と雄島

松島湾(塩釜湾)内には、数多くの島が点在している。中でも、この雄島は特異。松島の奥深さを知る上で、ぜひとも訪れてほしい島。

 

現在、島の手前には、国道45号に接し広い波打浜駐車場(県営:有料)が整備されている。

その先の赤い欄干の渡月橋を渡ると、左右の石仏群が迎えてくれる。

その昔、松尾芭蕉は、同行の曾良とともに早朝に塩釜明神に参詣し、正午近くになり、船を雇って海上二里あまり先の松島の雄島に渡っている。

                 *

 抑ことふりにたれど、松島は扶桑第一の好風にして、凡洞庭・西湖を恥ず。東南より海を入て、江の中三里、浙江の潮をたゝふ。島々の数を尽して、欹ものは天を指、ふすものは波に匍匐。あるは二重にかさなり、三重に畳みて、左にわかれ右につらなる。負るあり抱るあり、児孫愛すがごとし。松の緑こまやかに、枝葉汐風に吹たはめて、屈曲をのづからためたるがごとし。其気色窅 然として、美人の顔を粧ふ。ちはや振神のむかし、大山ずみのなせるわざにや。造化の天工、いづれの人か筆をふるひ詞を尽さむ。
 雄島が磯は地つヾきて海に出たる島也。雲居禅師の別室の跡、坐禅石など有。将、松の木陰に世をいとふ人も稀々見え侍りて、落穂・松笠など打けふりたる草の菴閑に住なし、いかなる人とはしられずながら、先なつかしく立寄ほどに、月海にうつりて、昼のながめ又あらたむ。江上に帰りて宿を求れば、窓をひらき二階を作て、風雲の中に旅寐するこそ、あやしきまで妙なる心地はせらるれ。

 

  松島や鶴に身をかれほとゝぎす   曾良

 (まつしまや つるにみをかれ ほととぎす)

 

 予は口をとぢて眠らんとしていねられず。旧庵をわかるゝ時、素堂、松島の詩あり。原安適、松がうらしまの和歌を贈らる。袋を解て、こよひの友とす。且、杉風・濁子が発句あり。
 十一日、瑞岩寺に詣。当寺三十二世の昔、真壁の平四郎出家して入唐、帰朝の後開山す。其後に、雲居禅師の徳化に依て、七堂甍改りて、金壁荘厳光を輝、仏土成就の大伽藍とはなれりける。彼見仏聖の寺はいづくにやとしたはる。   
           

                                                               

                            出典:おくのほそ道

​▲芭蕉と曾良の句碑

COPYRIGHT © waterways-japan.net  ALL RIGHTS RESERVED.