COPYRIGHT © waterways-japan.net  ALL RIGHTS RESERVED.

6-(3)-② 品井沼排水路工事に関するファン・ドールン復命書

内務省の御雇技師セ・イ・ファン・ドールンは、明治12年に来県し、同15年にかけて品井沼の実測調査を行っている。

 

そこに至る経緯とドールンの調査結果の復命書については、次をご覧ください。

 

なお関連資料中に、囚徒500人を動員する場合の経費が積算されていることは興味深い。

 

(注)内容は、宮城県公文書館所蔵の復命書原文にできるだけ忠実に

             沿うとともに、鹿島台町史を参考に記載しています。

▲ファン・ドールン復命書(宮城県公文書館所蔵)

1 オランダ人長工師セ・イ・ファン・ドールンによる実測調査 ⇒ こちら(PDF)

 

2 『宮城縣品井沼放水路ノ改修』に関するドールン復命書   ⇒ こちら(PDF)

 

3 関連資料-訳書誤写のある品井沼放水路改修工事復命の取扱い⇒ こちら(PDF)