COPYRIGHT © waterways-japan.net  ALL RIGHTS RESERVED.

​9-(1)-① 川村孫兵衛重吉 かわむらまごべえしげよし

こちらでは、次の項目を紹介しています。 ※タイトルをクリックすると関係ページが開きます。

 

    ① 川村孫兵衛重吉之像

 

    ② 住吉神社と縄張神社 

 

    ③ 重吉神社 

 

    ④ 川村孫兵衛翁の墓所 

 

    ⑤ 川村孫兵衛が改修等に関わった北上川の変遷

① 川村孫兵衛重吉之像       

場所:石巻市日和山公園 宮城県石巻市日和が丘2丁目1

​▲石巻市日和山公園に立つ像

銅像台座には、次の内容の銘板がはめ込まれている。

      

          川村孫兵衛重吉

 天正三年(一五七五)長州(山口県)に生まれる。毛利家に仕え、

二十代前半、伊達政宗の家臣となる。
 治山治水に優れた技術を発揮、政宗の命令で北上川改修工事の責任者

となる。工事は元和二年(一六一六年)から寛永三年(一六二六年)に至り、

工事費ねん出のため自ら借財、あるいは工事現場に泊まり込むなど、

筆舌に尽くせぬ労苦を重ねる。
 この大改修により石巻から盛岡に至る舟運が開かれ、葛西家滅亡後

寒村に過ぎなかった石巻は一躍米の集散地となる。河口周辺には仙台、

盛岡、一関、八戸各藩の米蔵が立ち並び、江戸へ米を運ぶ千石船が

往来繁栄を極めた。治水に伴って流域では三十三万石余の新

田開発も行われ、地域の発展に計り知れない恩恵をもたらす。

 工事完成後は石巻に住み、慶安元年(一六四八年)、七十四歳で世を去る。

 河北新報社は石巻市制施行五十周年に当たり、港町石巻の基礎

を築いた大恩人としての業績を後世に伝えるためここに川村孫兵衛

重吉の銅像を建立、石巻市民に寄贈する。

 昭和五十八年(一九八三年)八月一日

                河北新報社
                      銅像題字 一力一夫 

             河北新報社社主・会長
                      像制作 翁 観二

​▲銅像近くから見下ろす北上川と中瀬地区・石ノ森漫画館/後方は上品山